head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【日清食品HD「環境戦略を策定」】

photo

日清食品ホールディングスは、グループの環境戦略「EARTH FOOD CHALLENGE 2030 地球のために。未来のために。」を策定。今後、持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指した様々な取組みを始動する。日清食品グループは、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じ社会や地球に貢献する「EARTH FOOD CREATOR」を掲げ、持続可能な社会の実現と企業価値向上に取り組んでいる。今回の新環境戦略は、世界中の人々の食を支えるグローバルカンパニーとして、より高いレベルでの環境対策推進を重要経営課題と位置付け策定した。 新環境戦略は「資源有効活用へのチャレンジ(EARTH MATERIAL CHALLENGE)」と「気候変動問題へのチャレンジ(GREEN FOOD CHALLENGE)」の2本柱。それぞれ2030年度までの具体的な活動や目標……

【国分グループ本社「インスタント食品市場を分析」】

photo

国分グループ本社は、カレー、シチュー・ハヤシ、中華材料(調味料、料理の素など)、中華材料以外の料理の素(炊き込みご飯の素、洋風料理の素などを対象とした冊子『インスタント食品の未来を考える』を作成、情報発信や得意先のソリューション提案になど努めている。同社は「食のマーケティングカンパニー」実現のため、「未来予測」をテーマとした食の未来を読み解く提案で、グループ全体のマーケティング力と営業力の強化に取り組んでおり、今回はこれら取組みの一環として冊子を作成、情報発信などに努める。インスタント食品市場は、男女雇用機会均等法施行などによる時短・簡便需要の高まりなど人々のライフスタイルの変化とともに重要な役割を果たし、加速度的に進化を遂げている。今回の冊子では常温で長期保存でき味への評価も高く非常食にも最適なレトルト食品など、インスタント食品の歴史やカテゴリー別の特徴、ライフスタイルの変化から予測するカテゴリー別動向、2030年頃のカテゴリー別市場などを紹介。同社ならではの様々なデータ分析や生活者へのアンケート調査、メーカーへのヒアリングなど、市場を読み解き、今後の予測、そこから「何が売れるのか、どうすればうれるのか」という提案活動に……

【ユニー「デイジーラボのお中元発表」】

photo

ユニーは「デイジーラボがプロデュースしたお中元・夏ギフト2020」の展示・試食会を6月18日に本社で開催した。デイジーラボは女性社員による女性をメインターゲットとして開発したオリジナルブランド。今春には全面リニューアルを行い、カラーバリエーションを刷新。ターゲットを女性のみからその家族も含めたものへと広げて順調な手応えを得ている。今中元商戦では「デイジーラボのお中元」としてスイーツに特化、旬のメロンを丸ごとパフェにした「メロンシンフォニー」、老舗の生麩屋による「〈麩屋万〉たまざかり(麩まんじゅう)セット」など子どもにも喜ばれる味や見た目、楽しさなどを有して家族で一緒に楽しめるギフトをセレクトした。城尾有紀営業企画本部販売戦略部マネジャーは「デイジーラボでは今中元では〝シェアスイーツ〟をテーマに、味覚や種類だけでなく、選ぶ時間やSNSで共有する時間などスイーツから派生する時間や思い出もシェアできるギフトを取り揃えた。また、伸長するお取り寄せニーズに対応し、魅力的な商品の用意や各ページに二次元バーコートを配置するなどの取組みを進めた」と説明した。なお、今中元期のデイジーラボのギフトの販売目標は18アイテムで既存店前年比20%増を……

【日清オイリオ「二宮和也起用の新CM」】

photo

日清オイリオグループは、CMキャラクターとして出演10年目となる二宮和也を起用した新CM『笑顔にするエナジー 植物のチカラ』篇を製作、6月11日から全国で放送を開始している。また同日からホームページで新CMやCM撮影レポートも公開している。新CMでは「〝植物のチカラ〟は、みんなを笑顔にするエナジー。」をキーメッセージに、〝植物のチカラ〟が毎日の食事、生活を「おいしく」「健康に」「美しく」することを伝える。二宮和也が「日清ヘルシーオフ」でから揚げを揚げそれを頬張ったり、「日清アマニ油」をかけた野菜サラダを食べる度に笑顔になるなど、印象的な笑顔が見どころとする。撮影後、10年を振り返り「最初の頃は家族で揚げ物を作るなどのCMで、その後、ボトルサイズがそれぞれの商品に合ったもの、〝かけるオイル〟とした食習慣を提案するなど、オイルの歴史みたいなものがだいぶ変わってきたと感じる。今ではオイルをジュースにかける提案など……

【大塚食品「e3でコラボデザイン缶」】

photo

大塚食品は、近年盛り上がりを見せる格闘ゲームなどのeスポーツから生まれた新カテゴリードリンクBRAIN SPORTS DRINK「e3」240ml缶を今年4月から全国・全チャネルに拡大。6月下旬からは東京大学卒業の異色のeスポーツプレーヤー「ときど」選手と人気ゲーム・ストリートファイターシリーズのキャラクター「豪鬼」とコラボした「ときど×豪鬼コラボデザイン缶」(240ml・クラスターパック)を順次発売する。6月19日には都内で発表会を開催し、寺田誠司飲料担当部長は「ハイレベルな頭脳戦を繰り広げるeスポーツ。同品はカフェインやブドウ糖とした〝速攻〟と、パラチノースという〝持続〟をコンセプトにした商品として高い評価を得、販売網も今年拡大した。新たなカテゴリーが難しい飲料市場において、今回のコラボ展開で、さらなる拡販、育成を……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る