head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【太助「初の路面店を猫洞通店に開設」】

photo

昭和グループの太助は、初の路面店となる「猫洞通店」を名古屋市千種区に開設、11月1日より営業を開始した。同社はこれまで大型SCなどに「塩干の太助」を出店し、干物や漬魚、魚卵などのほか関連商材を展開し品質の高さやブランドの信頼感、きめ細かい接客サービスで高い支持を獲得してきた。今回、初の路面店となる同店を開設。コンセプトに【和食をしっかり伝えたい】を掲げ、日本伝統の味である干物や漬魚を中心に約270アイテムを展開。特に鮭については紅鮭、銀鮭、時鮭、トラウトサーモンなどでそれぞれ甘口から辛口まで各種取り揃える充実の品揃えとしている。新しい取組みとして魚と野菜を組み合わせてすぐに調理できるミールセットを新発売し若い世代への魚食の推進を図る。また、店で販売している商品を具材にしたおにぎりも販売する。加古博嗣社長は「これまでは食品小売の店舗にテナントとして入店し展開してきた。今回、初の路面店として地域に密着して住宅街に路面店を構えるチャレンジをした。日本に全国に美味しい干物があり、これらを展開し味を伝え広げていきたい。店を構える猫洞通は歴史ある街であり干物の美味しさを知っている人が多く、さらに若い家族や単身者も多い幅広い世代が住む場所であり、太助の路面店を置くに適切な場所である」と述べた。西田直人店長は「店ではスタッフがお客様に声をかける対面販売を重視し、盛り売りではなく1枚から選んで購入できる。商品は当社が厳選した美味しさに自信のあるものばかりであり、なかでも鮭は味でも品揃えでも群を抜いていると自負している。干物を知ってもらいその味を楽しんで欲しい………

【名古屋乾栄会「山の神祭礼」】

photo

名古屋乾栄会は11月8日に3年ぶりに「山の神祭礼と通常総会」を開催して会員22社が参加した。同会は明治23年の設立以来、名古屋地区の乾物を取り扱う業者で構成され、設立以来、毎年11月8日に【山の神祭礼】を執り行い乾物業界の発展を願ってきた。祭礼では乾物業界の発展とコロナ禍の収束を祈願。その後の通常総会では席上、岩田芳昌会長(岩田昆布海藻・社長)が「20年2月から新型コロナウイルス感染拡大が始まり現在に至るが、あと数ヶ月でコロナ禍が丸3年も経過することになる。そのため2年間に亘り実開催できなかった。しかし今年は3年ぶりに祭礼を執り行うことができてうれしく思う」と挨拶。その後各議案が審議され原案通りに承認された。【令和4年度役員】▽会長=山下秀和(ヤマコン)▽冨田博之(真誠)▽当番=メイカツ、立石商店、美濃久、鵜飼商店、岩田昆布海藻、シマウマ……

【ヤマナカ「ヤマナカ大府店オープン」】

photo

ヤマナカは、愛知県大府市の「大府フランテ館」を改装、11月3日に「ヤマナカ大府店」としてリニューアルオープンした。同店は08年にオープンし、商業施設「リソラ大府」の核テナントとして地域からの支持を獲得してきた。今回、さらなる支持獲得を目指し初の大型改装を実施、レイアウトを大きく刷新し生鮮強化型に生まれ変わった。冷蔵・冷凍ケースを全て入れ替えし低温度帯の商品を強化、通路幅を拡充し床を貼りかえるなど快適な買物を実現した。改装のテーマに「若年層と健康」を掲げ、若年層の取り込みと健康ニーズへの対応を進めた。青果では入り口すぐの場所に果物徳用コーナーを設けて、野菜を含めて催事イベントを実施。水産・精肉・惣菜は力を入れ、水産では対面販売を導入しバラ売りを推進、自家製干物などの差別化商材の展開も進める。畜産では大容量商材や味付肉を強化、希少部位のミスジの取り扱いなども行う。惣菜は売場を拡大しフランテの商品を導入したほか、サンデイリーのプリンを本格導入するなど商品を充実。スイーツはプレミアムアイスや人気のオリジナルティラミスなどを揃え、冷凍の和菓子を増やした。健康では機能性ドリンクを充実し、睡眠や記憶力、間接など様々な切り口の商品を揃えた。このほか、キッズ飲料など子ども向け商材の強化や韓国商品コーナーの設置、商圏内に車の利用者が多いことから車用芳香剤を販売する。同社広報は「当店の商圏には若い世代が多く世帯数も増加傾向にあるが、その取り込みが店の課題となっていた。改装のテーマに掲げるように若年層の取り込みを進め、健康ニーズにも対応する。これまでの生鮮強化型の改装店舗は非常に反応が良く、当店もオープン当日には約150人が並ぶなど盛況で期待の大きさを感じる。当店では新導入や初の試みがあり……

【コカ・コーラ「ワールドカップ関連イベント」】

photo

コカ・コーラシステムは、1978年以降の歴代FIFAワールドカップ開催国をイメージした『「コカ・コーラ」FIFAワールドカップ開催国ボトル』を10月31日から期間限定発売しているほか、専用のTVCM放映や各種キャンペーンを実施している。同ボトルはサッカーボールをあしらい、歴代の開催国から抜粋した10カ国の出場国をカントリーコード3文字とフェイスペイント風デザインで表現。またサッカーボールや大会エンブレムを採用したスタイリッシュなデザインの「コカ・コーラ」FIFAデザインスリムボトルも期間限定で発売している。ワールドカップバージョンのTVCM「Street」篇は10月31日から投下。「信じる気持ちこそが、魔法のはじまり」をキャッチコピーに、世界中の人々が夢中になる魔法のような瞬間が選手や勝利を願う多くの人々に起きることを描く。 キャンペーンは、FIFAワールドカップに関するクイズ、試合の勝敗予想のコンテンツの実施、マッチボールやオリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーンなど盛りだくさんの内容で実施、大会を盛り上げる。11月1日には都内でイベントを開催。TVCMのナレーションを行う綾瀬はるかは「前回大会と同じく、試合を見る時は傍らに『コカ・コーラ』を置いて応援したい」と述べ、ゲストの中村俊輔氏は「ワールドカップの舞台に立った時は足が震えた。国や誇りを……

【日清製粉グループ「コニャラでジブリパークを応援」】

photo

日清製粉グループは、オフィシャルパートナーとして参画している「ジブリパーク」(長久手市)の開園を記念し、10月31日より広告掲出している。広告には同社グループを象徴するオリジナルキャラクター「コニャラ」が登場。約7年ぶりにスタジオジブリにより書き下ろされた新しいコニャラのイラストがメインに使用されている。JR名古屋駅中央コンコース(11月13日まで)と名古屋市営地下鉄東山線電車内(11月27日まで)の2ヶ所に掲出されて……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る