head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【国分中部「春夏商品展示会を開催」】

photo

国分中部は、「2023年春夏商品展示会 食のパフォーマンス コレクション」を1月26日に名古屋市内で開催。198社(オリジナル群8社、加工食品113社、酒類35社、菓子16社、低温・フードサービス26社)が出展し、約4千SKUの商品を提案。取引先などの関係各社600名以上が来場した。会場では【タイム】【コスト】【セルフ】【エリア】【ヘルス】の5つのテーマに、メーカーや同社が推奨する【ベスト】を加えて「〇〇パフォーマンス」と表現し、それぞれに関連するメーカーブースを配置した。【タイムパフォーマンス】は乾物やインスタント食品を中心に利便性・簡便性の高い商品を並べ、【コストパフォーマンス】は「家で食べると経済的」との観点から乾麺などを提案。【セルフパフォーマンス】は満足度の高い商品や自分へのご褒美商品などに適する嗜好飲料を訴求、【ヘルスパフォーマンス】は健康重視の商品を紹介した。【エリアパフォーマンス】では国分北海道、国分東北、国分首都圏、国分関信越、国分西日本、国分九州のAC(エリアカンパニー)ブースなどを出展して各地の特色ある商品を提案。【ベストパフォーマンス】においては様々な食シーンで最適な商品を展示していた。オリジナル商品コーナーは、酒とつまみの相性の良さを提案する〝缶つま×レモンサワー〟企画を実施したほか、アウトドアブームで好調の缶詰「K&K〝CAN〟Pの達人」、公平・公正なフェアトレード輸入菓子「トニーズチョコロンリー」等を提案。オリジナル酒類ではフランス、スペイン、オーストラリア、南アフリカなどのワインのほか、「寿司ワイン」などの試飲も行った。また、〝コト売り〟機能提案として、店頭日付管理アプリ「セマフォー」、オリジナルマーケティングサイト「ぐるっぱ」、献立の悩み解決をサポートするWEBサイト「運を取り込む幸せメニュー占い」、来訪者分析レポート「KDDIロケーション・アナライザー」を紹介………

【イオン「恵方巻に注力」】

photo

イオンリテールは、2月3日の節分に合わせ恵方巻きの展開に注力し大きな成果を挙げた。恵方巻市場は生活者の巣ごもり傾向の影響もあり需要が高まり、特にプチ贅沢からこだわり商材が人気を集める。また、恵方に向かって無言で1本を食べきる縁起をかつぐ本来の食べ方だけでなく、ハーフサイズの巻き寿司を楽しむ、切って家族でシェアするなど食べ方が広がっている。この状況に同社では今年の節分恵方巻きに家族で商品を選び、節分の催事としての楽しさも堪能できる商品を取り揃え、特に予約限定商品は前年の3倍以上の10品目を用意。神戸牛や伊勢えびを使用した一万円の贅沢太巻を2種揃えたほか。23品目の具材を使った過去最大の幅約12cmの〝ごくぶと〟太巻を新たに展開。一番人気の「鮨よしたけ」監修シリーズに予約限定の新商品が登場した。また、関連して長く細い食べ物として「かすてら」なども提案している。1月18日にはイオンモール熱田でメディアを対象に恵方巻商材の披露が行われ、東海カンパニーの高橋幹夫食品部部長が商品や取組みを説明。「今年のテーマは『伝統と革新』であり、伝統部分では毎年好評を得る商品をブラッシュアップしさらに商品力を強化、素材にプライドフィッシュを用いたこだわりの太巻なども提案している。一方で〝1本は食べきれない〟との声に応え、ハーフサイズの商品を充実し家庭での食品ロスを削減する。手作り需要やホームパーティーに適した菓子類・パーティーグッズなども揃えている」と述べた。1月25日には東海カンパニーが東海エリアの店舗で使用する海苔を、名古屋市内の亀嶽林 万松寺で祈祷。また、「厄除け饅頭」「厄除けどら焼き」「厄除けカステラ」で使用する〝厄除〟の刻印をする金型の祈祷も……

【伊藤忠食品「名古屋で展示会を開催」】

photo

伊藤忠食品は、『FOOD WAVE 2023 東海営業本部総合食品展示会』を名古屋市内で1月18~19日に開催。出展社数は327社(食品232社酒類26社、業務用・デリカ・日配21社、物産企画48社)、2日間合計で約1500名が来場した。同社の企画は9ゾーンで構成され、【DELISH KITCHEN】では、サイネージの活用法として視聴率が上がる〝魅せるコンテンツ作り〟を、売場検証やアバター体験、動画作成など7つのコーナーにて紹介。【新製品企画】では、23年春夏の新製品783SKUを展示。売場に即した8カテゴリーに、時間やコストを低減できる「節約エコ」を加え、全9カテゴリーを陳列。「イチオシメーカー」コーナーでは52メーカーの新製品を個別コマにて特別展示。例えば昨今ブームのキャンプ向け食品も見られ、アウトドア用品店などへも販路を拡大しているようだ。新企画の【Z世代の価値観】は、10年後に最も購買力が高いと予測されるZ世代の価値観や行動様式に着目したゾーン。バズマーケティングの価値観を販促什器に取り入れ、「ASMR棚」や「SNSバズリ棚」、「ニュートロ棚」を展示。【加工食品】では、「エシカルフード」コーナーにプラントベースフード約50品や地産地消メーカー約30社を紹介。「アジア即席麺」約70品や「ご当地飲料」約70品も陳列した。【業務用・デリカ・日配】では、大豆に特化した商品に注力し、逸品プリンの食べ比べなども行う。【ギフト・EC】では拡大を続けるカジュアルギフトに着目。企業の景品やノベルティのデジタル化が加速している昨今、ISCギフトカード/コードギフトの有用性を訴求。【凍眠市場】では、液体凍結機「凍眠」を活用した食品の、贅沢なおつまみギフトや凍結酒を中心に冷凍のパンなども紹介。【サステナビリティ】では、環境・社会の活動事例などを紹介。【酒類】では、酒の知識が浅くても興味を持ちやすい見た目や香り、スイーツを使用した酒の魅力を発信。各ゾーンにて、競合他社と差別化できる商品・企画を豊富に取り揃えた展示会となり……

【大塚食品「ボンカレーがギネスに」】

photo

大塚食品の「ボンカレー」が、『世界最長寿のレトルトカレーブランド』としてギネスワールドレコーズリミテッドによるギネス世界記録に認定された。1月中旬からはギネス世界記録認定マークを入れた限定パッケージ順次出荷していく。「ボンカレー」は1968年(昭和43年)に〝1人前入りで、お湯で温めるだけで食べられるカレー、誰でも失敗しないカレー〟をコンセプトに、革新的な技術で世界初の市販用レトルト食品として誕生。その後も革新を続け03年には箱ごとレンジ調理ができる商品として支持を増やした。〝ずっと 家族のまんなかに。〟をキーメッセージに掲げ、食卓に寄り添い笑顔を届けるレトルトカレーの定番ブランドであり、「ボンカレーの日」となる今年2月12日に発売55周年を迎える。現在も①具材に使用する野菜は国産だけ②じゃがいもの芽取りはすべて手作業③60分じっくり炒めたあめ色たまねぎ使用④オリジナルブレンドのスパイスとカレー粉など様々なこだわりに取り組んでいる。レトルトカレー市場は個食化や共働き世帯の増加、生活者の嗜好の多様化に対応する商品として伸長が期待。同社では「『ボンカレー』は時代の変化とともに製品のアップデートを行ってきた。これからも引き続き、おいしさにこだわり現状に満足せず進化を続けていきたい」とコメント……

【ジェイアール名古屋タカシマヤ「アムール・デュ・ショコラ盛況」】

photo

ジェイアール名古屋タカシマヤは、毎年人気の「2023アムール・デュ・ショコラ」を1月19日~2月14日の期間に開催、連日多くの人が来場し盛況となっている。国内外の有力チョコレートブランドが一堂に集結する大型イベントは今回で23回目を迎える。今回はテーマに『喜びはじけるショコラパーク』を掲げ、初登場約15ブランドを含む約150ブランドが揃い、限定商品約100種類を含む約2500種類を販売。前年実績の売上二四億円、来場客数55万人以上を目指している。名物のランキングは従来の売上順から来店客参加型に刷新し、来店客の選ぶ「推しブランド投票数」と「売上」を点数化して合算したものとした。同社広報は「多くの人が来場し盛況となって嬉しい。ランキングを変更したのはお客様の〝推し〟を取り入れて一緒に楽しむスタイルとしたいとの想いからであり、従来のランキングでは入りにくかったブランドも応援しやすくすることで、より平等により楽しいスタイルとした」と狙いを述べた。1月18日にはオープニングセレモニーが開催され、有名シェフが数多く参加。シェフを代表してトシ・ヨロイヅカの鎧塚俊彦氏が「アムール・デュ・ショコラは日本一のショコラの祭典であり、世界中からトップシェフが集まり技を競う。私たちのショコラを自分自身や大切な人と楽しんで欲しい」と挨拶した。会場では各ブランドが看板商品や趣向を凝らした商品やこだわりの商品を展開。なかでもゴディバは西尾抹茶を使用した同店限定の4種のトリュフ、先行販売となる抹茶カステラを販売。ヤニック・シュヴォローシェフは「良い素材と良い素材を合わせると美味しいショコラが生まれるので、日本で20年以上に亘り仕事をしているなかでショコラにマッチする食材を探し続けている……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る