head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【バローHD「創立60周年記念式典」】

photo

バローホールディングスは「バローグループ創立60周年記念式典・渋沢栄一賞 食品産業功労賞受賞感謝の集い」を、岐阜県可児市の人材開発センターで開催、約1千人が参加した。式典は映像でバローグループの60年の歴史を振り返り、始まりとなる1号店の主婦の店・恵那店や創業からの経営理念「創造・先取・挑戦」、現在のグループの姿などを紹介。田代正美会長兼社長の挨拶や……

【伊藤園「お~いお茶全国の名所パッケージ」】

photo

伊藤園は「お~いお茶」の発売30周年を記念し、5月1日より「日本の文化を未来へつなげよう」プロジェクトを実施、北海道・熊本・京都・広島・東京の各名所にて限定の「お~いお茶」を配布した。5月28日には都内で配布イベントを行い、本庄大介社長らも参加し来場者へ約1万本の「『令和記念ボトル』お~いお茶」を手渡した。配布に先立ち本庄社長は「『お~いお茶』は年間20億本を売り上げるブランド。今回、新たな元号である令和を迎え、同品も生まれ変わった。プロジェクトでは“令和”をプリントした特別仕様の……

【タイフェス「名古屋で盛大に開催」】

photo

タイフェスティバルin名古屋実行委員会主催、愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市、タイ王国大使館、タイ王国大阪総領事館などが後援、味の素、伊藤忠食品、トーカン、日清フーズ、三菱食品などが協賛する「タイフェスティバルin名古屋2019」が6月1~2日に名古屋市内で開催された。同イベントはタイと東海エリアを結ぶイベントとして親しまれ、今回で15回目を迎える。本格的なタイフードが楽しめる飲食ブースをはじめ、物販・サービスブース、リラクゼーションブースなどで構成され多くの人で賑わった。ステージではムエタイやタイ舞踊、日本・タイの両国で人気の音楽ユニットの演奏など多彩な催しが行われた。1日に行われた開会式には三林憲忠実行委員会代表(ヤマモリ社長)は「名古屋でのタイフェスは今回で15回目となり、広く認知され毎年楽しみにされるイベントに……

【ユニー「デイジーラボのお中元」】

photo

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス並びにユニーは5月22日、名古屋市内でギフト商材の展示・試食会を行った。今中元期のギフトはカタログ巻頭にて、ユニーの女性社員のみで構成した“デイジーラボ”が女性視点で厳選した、自分へのご褒美お取り寄せギフトを展開。「涼やか おとりよせ」と題し、スムージーやゼリーなど清涼感を演出する“cool”、SNS映えを意識した見て楽しく食べておいしい“colorful”、女性の好むスイーツを可愛らしく演出し……

【日本コカ・コーラ「夏のコーラ戦略」】

photo

日本コカ・コーラは「コカ・コーラ」の「2019年夏季戦略発表会」を東京本社で5月28日に開催、島岡芳和コカ・コーラTMグループ統括部長)が概要を説明した。冬に比べ市場規模が1.5倍となる夏の炭酸商戦に向けては『おいしさ』『新規性』をキードライバーに多彩な施策を積極的に仕掛ける。6月17日より製品を冷やすとラベルの色が変わり飲み頃が分かる「コカ・コーラ」コールドサインデザインを期間限定で発売。大規模な夏場のキャンペーンとして〝熱くなれ。冷えたコークが待っている。〟をキーメッセージに、若年層などに向け視覚的な体験を提案。夏場でのおいしや爽快感を効果的に訴求する。東京2020オリンピック開幕一年としたキャンペーンも計画する。〝透明なコカ・コーラ〟「コカ・コーラ クリア」は昨年、約100万人の飲用者を獲得するなど大きな話題を呼び、夏場のビジネスに貢献。今年は6月10日にはライム果汁を加えることで爽快感を高めた「コカ・コーラ クリアライム」を新発売。綾瀬はるかを起用し……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る