head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【浜乙女「名古屋グランパスの応援パートナーに」】

photo

浜乙女は、J‐1リーグ【名古屋グランパス】の「グランパスくんファミリー」と応援パートナー契約を締結した。この応援パートナー企業は2社目であり、名古屋のご当地CMキャラである同社のでぇたらぼっちがグランパスくんファミリーの活躍を応援する。主なパートナー契約締結内容は①グランパスくんJr.のユニホームへ同社社名ロゴ掲出②のりやふりかけなど同社製品の提供…で、契約期間は2020年1月31日まで。なお2月6日には【名古屋グランパス】の沖縄キャンプへでぇたらぼっちが訪問し………

【日清オイリオ「春のプレゼンテーション」】

photo

日清オイリオグループは1月22日、春のプレゼンテーションを都内で行った。〝オイルで楽しむEnjoy〟をメインテーマにホームユース、業務用、ヘルスケアチャネルの商品展示や春夏の重点施策とメニュー提案・試食を展開。過去10年の食卓環境の変化に着目して①作り置き・残り物利用の増加②家族団らんの夕食頻度の減少③総菜の利用率の増加④夕食の手作り頻度の減少⑤夕食を家で食べる頻度の増加(⑥主菜の材料数の減少⑦朝食の喫食率の増加をチャンスと捉え、オイルで楽しむ食卓を提案し……

【日本アクセス「中部で展示会を開催」】

photo

日本アクセスは、「中部エリア 2019年春季展示商談会」を1月30日に名古屋市内で開催。355社(グロサリー77社、チルド89社、冷凍食品13社、アイス12社、生鮮44社、デリカ39社、特産ブース49社、特小間32社)が出展し、関係各社100社の約1100名が来場した。 展示会場は戦略重点部門の「生鮮」「デリカ」を中心にレイアウト。「デリカ」はスーパー惣菜向けなどの新商品や冷凍キット、メニューを提案し、日本コナモン協会と組んだ〝道頓堀やきそば〟ブースも展開した。「生鮮」はこだわりの……

【J-オイルミルズ「春季新商品各種発表」】

photo

Jーオイルミルズは「春季油脂新商品試食会」を1月28日に都内で開催。渡辺健市執行役員フードデザインセンター長は「今年も生活者実態と嗜好性に合った新たな付加価値商品の提案を通じ、豊かな食卓づくりと食用油脂の市場活性化に貢献していく」と述べた。「AJINOMOTO から揚げの日の油」 専門店のようなから揚げを家庭で作ることができる〝メニュー専用油〟。鮮度を守るフレッシュキープパウチ入り400gを採用した。から揚げ専用油の開発理由について古川光有執行役員油脂事業部長は「17年/12年比のベーシックな油を使うメニューの食卓出現頻度で、手作りの『鶏肉の和風揚げ物』が伸長を続け……

【サントリー「神泡プロモーション」】

photo

サントリービールは19年「ザ・プレミアム・モルツ 戦略説明会」を2月6日、都内で行った。「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドは昨年よりビール特有の価値である泡に焦点を当て、こだわりの素材・製法・注ぎ方によるクリーミーな泡=『神泡』のプロモーションをスタート。山田賢二社長は「業務用では『神泡品質』提供店で約2億杯の接点を創出。神泡提供店は非提供店と比べ杯数で2%杯プラスと売上に貢献した。家庭用では神泡が家庭でもできる『神泡サーバー』を使ったプロモーションを行い……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る