head_img

中部飲食料新聞

「中部飲食料新聞」は食品・飲料・醸造業界を中心に全国配布する業界専門紙です。

最新号 密度の高い中部地区最強の飲料・食品・醸造業界の媒体であるとともに、近年は組織小売業と外食チェーンの全国拡大に伴い、関東圏や関西圏での購読が増加しています。
また、地元業界団体や協同組合の事務局を務め、地域食品流通の円滑な運営にも貢献しています。
 最新号は → こちら

最新情報

【イオン「金山駅前の道路をあつたハピネス通りに命名」】

photo

イオンリテール東海カンパニーは、金山総合駅からイオンモール熱田までの線路沿いの市道に対し、ネーミングライツスポンサーとなり「あつたハピネス通り」の愛称を名づけた。 同企画は名古屋市の提案型ネーミングライツスポンサーに基づくもので、2月中旬から約1ヶ月間の募集に約300の応募があり「あつたハピネス通り」に決定した。また、イオンモール熱田とJR熱田駅、神宮前、名古屋学院大学などを結ぶ巡回バスも新たにスタートした。7月21日にはイオンモール熱田で記念式典が行われ、名古屋市・河村たかし市長、イオンリテール・北佳史常務執行役員東海カンパニー支社長らが出席。河村市長は「ネーミングライツは非常に良い話であり、『あつたハピネス通り』の名には雰囲気が良く楽しくなるイメージが……

【コカ・コーラ「『い・ろ・は・す』10周年」】

photo

コカ・コーラシステムは「い・ろ・は・す」ブランドの発売10周年を記念し、8月1日の〝水の日〟に向けた記念イベントを7月29日に都内で開催した。「い・ろ・は・す」ブランドは今年、新たな水源として阿蘇を加え、全国7ヶ所の採水地から採った天然水を使用。た7ヶ所の水源がよりわかりやすい採水地を大きく記載し裏面デザインとした。イベントでは富重豪マーケティング本部ウォーターグループグループマネジャーが「水は購入するものという時代に変化しており、そのなかで『い・ろ・は・す』ブランドは、全国各地の消費者の近くで採った水であることや、無糖フレーバーウォーター〈天然水にれもん〉、食事と相性の良い〈スパークリング〉といった新商品による新しい価値を提供してきた。5月のリニューアルでも採水地の訴求を強め、部ランディングを強化している。今年より土屋太鳳と渡辺直美を起用したTVCMを投下するなど、様々な企画で採水地の……

【味の素「三重で勝ち飯イベント」】

photo

味の素社は三重県などと連携し、「みえ・『勝ち飯』スペシャルトークショー」&試食会」を7月28日、イオンモール鈴鹿(三重県鈴鹿市)で開催した。 同社は独自の栄養プリグラム「勝ち飯」を展開している。今回、三重県の「スポーツを通した県民の健康増進を図る」とした趣旨に賛同しイベントを開催。〝三重の食材で勝てるカラダをつくる〟をテーマに鈴鹿市出身の男子走り高跳び日本代表・衛藤昴選手(味の素AGF所属)、女子ラグビー日本代表・玉井希絵選手、浅井農園・浅井雄一郎社長、萩美香みえの国観光大使によるスペシャルトークショー、三重県の食材を用いた勝ち飯の試食と紹介を行った。開催に際して三重県・鈴木英敬知事は「今日は高校野球三重大会決勝や鈴鹿8耐が行われ、スポーツが盛り上がっている。東京オリンピックまで1年となり……

【井村屋「7月1日はあずきバーの日」】

photo

井村屋は「7月1日はあずきバーの日」としたサンプリングイベントを全国4ヵ所で開催。6月30日に行われた東京会場でのイベントでは〝大のあんこ好き〟で知られる川田裕美がトークショーに登場するなど会場を盛り上げた。川田裕美は「おばあちゃん子でおやつはあんこが多く出た環境で育ったことからあんこ好きになった。ゆであずきは大型缶を常備し、気が付けばあんこを食べている。ようかんを含め毎日なんらかのあんこを食べている」と〝あんこ愛〟を……

【日清食品HD「八村塁選手とグローバルスポンサーシップ契約」】

photo

日清食品ホールディングスは、話題のバスケットボールプレーヤー・八村塁選手とグローバルスポンサーシップ契約を締結。7月22日には都内で契約記者発表会が行われ八村選手が出演するCMの初披露や八村選手デザインのカップヌードルの贈呈などが行われた。記者発表会で八村選手は「『カップヌードル』や『どん兵衛』は子供の頃からよく食べていた。同社は東京2020五輪にオフィシャルパートナーでもある。NBAとともに大きな目標としているオリンピックなどに向け……

お問い合わせは!

【名古屋本社】
  電話番号:052-571-7116 FAX:052-7-571-7118
【東京支局】
  電話番号:03-5614-7531 FAX:03-5614-7532
【メールでお問い合わせ】 → こちら

ページトップに戻る